テックビューロがICOプラットフォーム「コムサ(COMSA)」を発表し事前登録を開始!

仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ株式会社が8月3日資金調達用ICOソリューション「コムサ(COMSA)」を発表しました。
事前登録も開始されていて、紹介プログラム特典もあるので、すぐに登録して友人や家族に紹介してみましょう!
登録はメールアドレスとパスワードを入れるだけ!

コムサ(COMSA)とは


世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICO(Initial Coin Offering – 仮想通貨発行による資金調達手法)による資金調達総額が、ベンチャーキャピタルにより大幅に上回りました。そのような中、7月25日に米SECがThe DAOが金融商品に該当しうると発表し、ICOの法的なポジションも国際的にクリアになることが予想され、ICOを実施する企業にはますます綿密な設計が必要となります。

一方、多くの企業がICOを希望するものの、基本となるブロックチェーン技術の導入には様々な問題がつきまといます。その中の一つとして、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティであり、会計上や監査上の様々な煩雑さを引き起こしています。そして期待とニーズに、既存のソリューションが対応しきれていなかったのが最も大きな障壁となっていました。

コムサ(COMSA)は、これら課題をまとめて解決すべく、企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化技術、Zaif取引所、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートいたします。

トークンセール


テックビューロはコムサ(COMSA)プロジェクトの第1弾として、10月2日に自らトークンセールを実施します。トークンセールにて取得された暗号通貨は、ICOマーケットへの進出、COMSAシステムの中核となるCOMSA COREの開発、COMSA HUBの開発に使用されるほか、COMSAソリューションに対応するために既存のサービスの「Zaif取引所」や、プライベートブロックチェーン「mijin」の機能とビジネス拡充にも一部使用されます。

トークンセールにて販売されるCOMSAトークンは、2号案件以降のICOでの払込みに使用することによって、5%以上の追加プレミアムボーナスが約束されます。

期間:2017年10月2日14:00(JST) – 2017年11月6日14:00(JST)

また、COMSAのトークンセールでは、全発行総量のうち5%が配分されるリフェラル(紹介)プログラムを提供しており、本日からユーザーの紹介が可能となっています。以下からダッシュボードに登録すると、紹介コードが入手できます。

COMSA 3つのソリューション

ICOソリューション

ホワイトペーパー(目論見書)の整備から、ブロックチェーン導入プラン、国内外へのPR、トークンセール(売り出し)のツールまでをひとまとめに請け負うことによって、ICOの実施を完全サポートいたします。COMSAで発行するトークンは、今後COMSA COREを通してNEMとEthereumのブロックチェーン間で自由に行き来できるようになります。

トークンソリューション

発行するトークンを取り扱うためのZaif取引所や決済ツールを提供します。また、テックビューロが販売するプライベートブロックチェーン製品「mijin」によって、それらトークンを内部勘定で一括管理する環境を提供できます。更に別途、EtheremとNEMのブロックチェーンをまたいで利用可能なUSドルや日本円、Bitcoinとペッグしたトークンの発行と変換をサポートします。

ワンタイム・スマート・コントラクト

2018年には、Bitcoin、NEM、Ethereumのパブリックブロックチェーンと、mijinで構成する複数のプライベートブロックチェーンを連動させ、その間でトークンの整合性を保持できるサービスを提供します。また、ネットワークフィーを気にせず、実社会の法定通貨建ての商取引をブロックチェーン上のコントラクトとして第三者の仲介無しに執行できるようになります。

コムサの凄すぎるメンバー

テックビューロ経営陣

朝山 貴生 (テックビューロ株式会社CEO)
Jaguar0625 (テックビューロ株式会社mijin CTO)
細井 良祐(テックビューロ株式会社 Zaif CTO)
福永 充利(テックビューロ株式会社 CMO)
八田 和信(テックビューロ株式会社CFO)
Tom Beno(テックビューロ株式会社 北米リージョンマネージャー)

リーガルアドバイザー

増島 雅和(COMSAとテックビューロ株式会社リーガル・アドバイザー)
朝山 道央(テックビューロ株式会社共同設立者兼リーガル・アドバイザー)

ICO協議会委員

Lon Wong(NEM.io財団 代表理事 / ドラゴンフライフィンテック(シンガポール)CEO)
Jeff McDonald(NEM.io財団 代表副理事)
村口 和孝(NTVPジェネラルパートナー)
平野 洋一郎(インフォテリア株式会社 代表取締役社長)
西村 依希子(株式会社マネーパートナーズ 広報・新規事業推進室長)
狩野 仁志(株式会社フィスコ代表取締役社長)
八木 隆二(株式会社カイカ CEO 兼 代表取締役会長)
兼元 謙任(株式会社オウケイウェイヴ 代表取締役社長)
岩井 陽介(アララ株式会社 代表取締役)
Nate D’Amico(CEO of DTK.io)
田中 邦裕(さくらインターネット株式会社 代表取締役社長)
小笠原 治(株式会社ABBALab 代表取締役)
佐藤 航陽(株式会社メタップス代表取締役 CEO)
井面 善友(東海東京証券 企業金融部長)
伊藤 昌彦(三菱UFJ信託銀行株式会社)
経営企画部副部長(FinTech推進室長)
志茂 博(コンセンサス・ベイス株式会社CEO)
宍戸 健(東京ビットコイン会議)
大石 哲之(株式会社ユナイテッド・ビットコイナーズ CSO)
家入 一真(株式会社CAMPFIRE CEO)
中村 仁(株式会社お金のデザイン CEO)

パートナー

日本テクノロジーベンチャーパートナーズ

NTVPは日本を代表するベンチャーキャピタルの一社であり、ブロックチェーンからロボティクス、AIまで、テクノロジー事業への投資を手がける。テックビューロのシードラウンド投資家であり、DeNAへの投資で有名である。

インフォテリア株式会社

インフォテリアは、「つなぐ」をテーマとして、最先端の技術を駆使し「システム」「ヒト」「モノ」をつなぐソフトウェア製品とサービスを提供しています。主力製品のASTERIAシリーズでは、GUIによるブロックチェーンの接続を可能としています。今後はマルチシグの対応などによって、多くの企業がICOをはじめとする新たなブロックチェーン活用を実現できるような製品の提供を推進します。

株式会社フィスコ

フィスコは日本の金融情報ベンダーであり、QUICK社、ロイター社、ブルームバーグ社等の専用端末、Yahoo!、MSN、InfoSeek等のインターネットポータルサイト、および多数の証券会社に多くの投資情報コンテンツを提供している。フィスコは投資と相場への深い理解と洞察に基づき、投資家向けに最良の投資支援サービスを提供するプロフェッショナル集団である。COMSAのパートナーとして、ICO関連情報の配信を予定している。

株式会社カイカ

CAICAは日本のシステムインテグレータで、これまで銀行、証券、生損保、など主に金融機関のシステム開発において多くの実績を上げており、特に、融資、外国為替、営業店端末、インターネットバンキングなど決済系の開発に強みを持つ。テックビューロ社とブロックチェーン技術の実証実験と販売に向けた幅広い分野での協業をおこなっており、「mijin」の実証実験サポートサービスの請負およびシステム構築についての提携パートナーである。

アララ株式会社

アララは、日本のSaaS提供事業者であり、ハウス型電子マネー、CRMサービスを提供しています。ブロックチェーン技術を自社サービスに取り込み、より安全で効率的なサービス提供を目指しています。今後は、テックビューロや協議会メンバーと協力のもと、ICOを活用したサービス開発・提供に取り組んでまいります。

事前登録(紹介プログラム)

コムサ(COMSA)のトークンセールでは、全発行総量のうち5%が配分されるリフェラルプログラムを提供しており、本日からユーザーの紹介が可能となっています。Token Sale Dashboardに登録すると、紹介コードが入手できます。
登録者が少ない今のうちにアカウントを作成し、周りの方へ紹介することでプログラム特典を受け取ることが出来ます。
登録は10秒程でできるので、今のうちに登録しておきましょう。

 

コインチェック公式サイト

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です