YouTuberのヒカル「VALU炎上」騒動のまとめ!全てのビットコインで買い戻しを発表!

登録者数260万人以上の超人気YouTuberのヒカル氏がビットコインを用いたサービス「VALU(バリュー)」で規約違反・詐欺行為・インサイダー取引をしたと大炎上している。
株式会社VAZのネクストステージ所属のYouTuberラファエル、いっくん(禁断ボーイズ)もVALUを利用している。

VALU(バリュー)とは

VALU(バリュー)は誰でも株式会社のように自分の価値をトレードすることができるサービスです。
VAと呼ばれる株を発行し、他人と売り買いすることができます。
他人のVALUを手に入れることで、株主(VALUER)になれ、その人のタイムラインや限定コンテンツが見れるようになります。
VALUはホリエモンも利用していて、出資もしています。

ヒカルとは


名前:ヒカル
生年月日:1991年5月29日
出身:兵庫県姫路市
チャンネル登録者数:260万(2017年8月現在)

2016年3月18日にYouTubeでチャンネルを開設。
テキ屋のくじを大量に購入し、アタリが出るかを検証した動画で一気に注目を集める。
過去には「金髪起業家」として情報商材を売っていた。

騒動の経緯

ヒカル氏が所属するネクストステージメンバーがVALUを始める

ヒカル氏を筆頭にラファエル、いっくん(禁断ボーイズ)らがVALUを始めたとTwitterで報告。

ヒカル氏が買いを煽るツイートをしてストップ高になる

VALUの価値が高騰した時点でネクストステージ顧問の井川氏、ヒカル氏が全てのVALUを終わり値で売りに出す

終値で売り出したことでVALUが大暴落

ヒカル氏が買いを煽ったツイートを削除し、優待をやらないと発言

自分たちの得た利益で大暴落したVALUを過去最高値で買い戻すと発表

ヒカル氏のTwitter

騒動に対するネットの反応

ヒカル氏が自社株買いをスタートしたと発表

ヒカル氏が自社株買いをスタートしたとTwitterで発表しました。


今後、この対応がどのように転ぶのか注目です。

 

コインチェック公式サイト GMOコイン

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です