ホリエモンが可能性を感じている仮想通貨についての発言をまとめてみた!

仮想通貨に対しての発言が多い堀江貴文氏

ref_l
ホリエモンは以前から仮想通貨に対しての発言が多いことで知られています。
ビットコインをはじめイーサリアム、モナーコイン、エイダコインなど様々な仮想通貨をブログやyoutubeチャンネルで触れています。
ホリエモンの発言には毎回注目が集まり、仮想通貨を知らない人がブログを通して興味を持つことが多いようです。
過去の発言からホリエモンが可能性を感じているであろう仮想通貨を掘り下げて行きたいと思います!

堀江貴文氏のお財布事情

d4ef52bb010abb74325f8407d5afd644-1
余談ですが、ホリエモンは一般的な財布を使わずマネークリップを愛用しているようです!
小銭は使わずコンビニなどの支払いはすべてPASMOやiD、クレジットカードなどの電子マネーを使い、できれば現金を持ち歩きたくないようです。
過去に10個以上の財布をなくしたようでマネークリップなら前ポケットに入れてなくすことはないと考えているようです。
実際にコンビニや自動販売機、タクシーなども電子マネーがあれば困ることはありません。
先日始まったアップルペイのお陰で本当にお財布が必要なくなってきた時代になっています。
今後仮想通貨が普及し、使用できるお店が増えてくればiPhoneやandroid一つで世界中遊びに行ける時代が来るかもしれません。
このように現金をなくしたいと思っているホリエモンにとっては仮想通貨の普及は喜ばしいことですね!

堀江貴文氏とビットコイン

ホリエモンは日本でビットコインが浸透する前から投機だと感じていたようです。
ビットコインがあれば銀行や口座が不要になると考えていて、銀行の業務はビットコインとクラウドファンディングで代替え可能だと発言していました。
ブロックチェーンの仕組みやユーザー同士の相互監視で高度なセキュリティーがあり、利用者が増えれば銀行を利用しない人が増えてくるかもしれません。
また、オンラインカジノなどとも相性がいいと感じているようです。

一番有名なビットコインってどういう仮想通貨なの?

2016.11.20
ホリエモンがビットコインのことを話しているYouTubeを貼っておきます。


堀江貴文氏とイーサリアム

ホリエモンはイーサリアムのシステムをべた褒めしていました。
それがこちらです。

ビットコインについて色々調べてたら2014年2月にプロジェクトが始まったばかりのイーサリアムってのを見つけた。ブロックチェーンにコインの金額や受取人などの取引情報ではなく、契約(スマートコントラクト)を記述してしまおうという仕組みがイーサリアムだ。
これってすごい。自治体とか国とか要らなくなる!だってこのネットワークに数千万人、いや億単位の人が参加して、その人達の合意のもとに色々な契約が最小コストで出来るようになるからだ。改めて、公開鍵暗号方式とビットコイン型のブロックチェーン方式の認証システムのコンボの凄さを思い知ったよ。。。
horiemon.com

939b610abef61a929d55ec122869a2f4
このようにイーサリアムをいち早く見つけ、目をつけたホリエモン。
この話を飲みの席で友人の株式会社ヒトメディア代表取締役の森田正康氏に話し、お互いに金額を聞かず購入したそうです。
その後森田氏は購入したことをすっかり忘れていたようですがホリエモンから連絡があり、「35倍になったよ!」と教えてくれたそうです。
森田氏の購入金額は20万円でなんと知らぬ間に700万円になっていたようで、それを聞き換金しようとしたがパスワードがわからなくなってしまったとのこと…。
ホリエモンがいくら購入したのかはわかっておりませんが、人に勧めだだけあってそこそこな金額分を購入していると思われます。

そのお話のYouTubeはこちらです

堀江貴文とモナコイン

モナコインを知らない人のために簡単に説明します。

モナコインは日本の2ちゃんねるで生まれた仮想通貨(暗号通貨)です。
モナとは2ちゃんねるで愛されるAAキャラクターからつけられました。
まさに日本人による日本人のための仮想通貨です。
まだまだ価値が低い仮想通貨ですが今後盛り上がる可能性もあるので楽しみです!

そんなモナコインとホリエモンはどう関わりがあるかといいますと、以前ホリエモンが技術アドバイザーを務めたことのあるテックビューロ・ラボがetwingsを買収Zaif Exchangeをリリースしました。
このZaif Exchangeはビットコインをはじめとした様々な仮想通貨に対応した取引所でモナコインも扱っています。
そのことに関してTwitterで発言もしています。

[sp-ad]

モナコインについてのYouTubeはこちら

堀江貴文と仮想通貨

このようにホリエモンは仮想通貨出回った初期から目をつけ積極的にブログやYouTubeで発信してきました。
イーサリアムのようにホリエモンがブログで取り上げたときに購入しておけばかなりのプラスになったと思います。
沢山の仮想通貨がある中でシステムに目をつけ、見事に当てたホリエモンは流石の一言につきます。
今後もホリエモンの発言は要チェックすべきですね!

ホリエモンおすすめの取引所

ザイフは2014年に設立され、堀江貴文氏(ホリエモン)が技術アドバイザーを務めていたことで有名です。
取り扱っている通貨はビットコイン(BTC)やネム(NEM)に加え、モナコイン(MONA)やぺぺキャッシュ(PEPECHASH)、ザイフトークン(Zaif)など他では取り扱っていない通貨が目立ちます。

最大の特徴として、ザイフの取引手数料はゼロからマイナス0.1%に引き下げられています。
注文の約定時にマイナス0.1%の手数料が支払われます。
他の取引所が最大で取引手数料ゼロにしている中で、マイナスにしているのは大きなメリットです。
また、ザイフには「コイン積立」というサービスがあり、毎月任意の固定額が自動で引き落とされ、日割で希望のコインを買い付けてくれます。低リスクで楽な投資が可能となります。

Zaifを運営するテックビューロは資金調達用ICOソリューション「COMSA(コムサ)」を開始しました。
COMSA(コムサ)は爆発的な話題を呼び、事前登録者で約20万人10月16日現在で90億円の資金調達を達成しています。

【仮想通貨】ビットコインとか持ってる芸能人っているの?

2016.11.21

 

コインチェック公式サイト GMOコイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です