SBIが独自の仮想通貨「Sコイン」を発表!決済手段としての普及を目指す

SBIホールディングスは独自の仮想通貨「Sコイン」を発行すると発表しました。
消費者の決済手段としての普及を目指す。

SBIホールディングスが「Sコイン」を発表!

SBIホールディングスが独自の仮想通貨「Sコイン」を発行し、小売店舗などで消費者の決済手段としての普及を目指すと発表しました。
独自の決済基盤システムを開発し、送金コストをほぼゼロにし、決済代金の即日現金化も可能にする。
店舗側の決済コストを抑え、決済を目的とした利用者を増やしていく。

独自の決済基盤システムはブロックチェーンを応用し決済する個人の特定や支払い、店舗側への即時入金などを可能にする。
クレジットカードや電子マネーなどに比べ、低コストで決済できる為、店舗や利用者に大きなメリットがある。

ネットでの反応

Sコインの発行時期は?

Sコインは来年2018年の春から実験的に社員に配布し、本社の近隣店舗で利用できるようにするよう。
Sコインをいち早く手に入れたい方はSBIバーチャルカレンシーズが開始したら口座を開設することをオススメします。

 

コインチェック公式サイト

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です