GMOがICOを検討!「次世代マイニングボード」トークンセールの参加方法は?

2017年10月24日、GMOインターネット株式会社がビットコインマイニング事業において計画している「次世代マイニングボード」の外部販売に向けたトークンセール(ICO)の実施を検討していると発表しました。

GMOのビットコインマイニングとは


ビットコインの採掘(マイニング)を行うためには膨大な計算処理が必要なため、高性能なコンピューターとその稼働と冷却を行うための電力が必要となります。
GMOインターネットはマイニング事業の参入に向け、高性能コンピューター「次世代マイニングボード」の実現に向け準備を進めています。

ビットコインマイニングとは


ビットコインは世界でやり取りされている取引内容を一定時間ごとにブロックチェーンへ追記する仕組みで成り立っています。
この追記作業がマイニング(採掘)と呼ばれ、取引台帳データと整合性を取りながら追記していくため、膨大な計算処理が求められるため世界中のマイナーがマイニングを行い、その報酬としてビットコインを受け取っています。

次世代マイニングボードとは


マイニングを行うための高性能コンピューター「次世代マイニングボード」は半導体設計技術を持つパートナー企業と共同で最先端7nmプロセス技術を活用した半導体チップの研究を進めています。
既存のマイニングマシンと比較すると大幅な省電力が実現でき、1チップあたり10TH/sの計算性能を実現できる設計になっています。

電力供給の面では再生可能エネルギーが豊富な北欧に「次世代マイニングセンター」を設置し、クリーンで安価な電力を調達。

トークンセール(ICO)実施について

GMOインターネットは外部向けに販売の予定をしている「次世代マイニングボード」の販売を2018年内を目処にトークンセール(ICO)の実施を検討すると発表しました。
このトークンセールは資金決済に関する法律や金融商品取引法をはじめ、現行法制度の下で適用される法令を適切に検討し、トークンの購入者の保護及び各ステークホルダーの利益に十分配慮した設計で実施できるように協議を進めているようです。

ネットでの反応

GMOのトークンセールの参加方法

現在、GMOインターネットのICO参加方法はアナウンスされていませんが、GMOが運営するGMOコインの口座開設は必須となるかもしれません。
今後GMOコインが行う仮想通貨関連の事業のリリースやトークンセールの最新情報も配信されていきそうです。
また、キャッシュバックキャンペーンも行っているので、事前に口座を開設しておくことをオススメします。

【取引所】GMOコインの評判と比較は?口コミや登録方法、手数料などを解説!

2017.05.22

 

コインチェック公式サイト

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です