リスク(Lisk)の高騰理由は?リスク(Lisk)の特徴や購入できる取引所を紹介!

2017年9月1日現在、コインチェックで取り扱っているリスク(Lisk)が1週間で4倍ほど高騰しています。
今回はリスク(Lisk)の高騰理由を調べてみました。

リスク(Lisk)とは


リスク(Lisk)はイーサリアムと同様、スマートコントラクトを実装している分散型アプリケーションプラットフォームです。
分散型アプリケーションプラットフォームとは、「Decentralized Applications」と英語で言い、通称「DApps」と呼ばれています。
LiskはICOで6億円ほどの資金を集め、マイクロソフト社とパートナーシップを結んでいます。

Liskの特徴


リスク(Lisk)はプログラミング言語に「javascript」を採用していて、webエンジニアが開発に参入しやすくなっています。
また、リスクはアプリケーションの基盤にサイドチェーンを使用しています。
サイドチェーンは一つのブロックチェーンで動かさず、複数のブロックチェーンを動かすことで、処理能力を高くしています。
万が一バグが発見されても各DApps開発者がバグが生じる前の状態に戻すことができます。
処理能力が高く、セキュリティにも強い設計で開発しやすいのが特徴です。

Lisk高騰の理由


2017年8月31日の深夜に海外巨大掲示板redditにてAMA(Ask Me Anything)を開催。
中国の取引所ヤオバオ(yuanbao)に上場。
また、Liskはcore1.0へアップデートやリブランド(名称の変更)、SDK(開発者用ツール)の配布を発表しており、リスクへの期待が今回の高騰につながっているようです。

ネットでの反応

Liskの今後に期待大

今後もアップデートやリブランドなど様々な動きがあるLisk。
価格もどんどん上がっているのでチャンスを逃さないようにしましょう。
Liskを購入できる取引所は海外取引所のPoloniexやBITTREXなどがありますが、英語に不慣れな方や初心者の方には日本の取引所コインチェックがおすすめです。
購入できる通貨が多く、初心者でも安心してわかりやすく取引できます。
この機会に今後が期待されるLiskを購入してみてはいかがでしょうか。

 

コインチェック公式サイト

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です